profile

岡本 昌也

MASAYA OKAMOTO

劇作家・演出家・映像作家・グラフィックデザイナー

1995年2月9日生まれ。

演劇を主軸に、音楽やファッションなど様々なカルチャーを横断しながら「ミクストメディア」な作品を発表する。

作家・私道かぴとの共同脚本・演出も行う。​

近年の主な舞台作品にファッションデザイナーYusho Kobayashiと協働し、移民と旅人のエスニック・アイデンティティを描いた『異郷を羽織る-Drape the Strange land-』(@イギリス・ロンドンCALDER BOOKSHOP THEATRE/ドイツ・ケルン@die wohngemeinschaft/KAAT 神奈川芸術劇場 大スタジオ)など。

映像作家としては、コロナ禍を〝口から光線が出る病〟に変換し、ポップ&アイロニカルに切り裂いた『光の輪郭と踊るダンス』で長編映画監督デビュー。
その他にも、ワンカットで〝街を食べる〟MV『ポートレイト/5kai』やインターネットに投稿された「自撮り映像」をコラージュしたドキュメンタリー『えっと、@創造主、ふわり終末ろん、feat.世界。』など、予想外の手つきで鮮烈な映像世界を作り出す。​

来歴

2014,『いちごパンツを撃鉄に』(@元・立誠小学校)で京都学生演劇祭2014大賞を受賞。

2015-2016,ライブハウスやギャラリーにて演劇作品を14作品発表。

2017,京都を拠点に活動する劇団/アーティストグループ「安住の地」を俳優の中村彩乃と結成し、活動を本格化。以降、安住の地の全てのアートワークを担当。

2019,安住の地がロームシアター京都×京都芸術センターU35創造支援プログラム「KIPPU」選出。

2020, 安住の地が神戸アートビレッジセンターセレクション「KAVC FLAG COMPANY」に選出。

2021, 安住の地が金沢21世紀美術館 芸術交流共催事業「アンド21」に選出。いずれも劇作・演出を務める。

2021,『ボレロの遡行』(@KAAT 神奈川芸術劇場 大スタジオ)でかながわ短編演劇アワード2021グランプリを受賞。​

2021,ゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて、将来性溢れる若手監督の作品を紹介する〈 ゆうばりホープ 〉に選定。

過去作

・舞台

2022 安住の地『ボレロの遡行』@ロームシアターきよ

2021 安住の地『ボレロの遡行』@KAAT 神奈川芸術劇場大スタジオ(脚本・演出)

2021 ハイバイ『投げられやすい石』@東京芸術劇場シアターイースト(演出助手)

2020 安住の地『異郷を羽織る -Drape the strange land-』@KAAT 神奈川芸術劇場大スタジオ(脚本・演出)

2019 安住の地『ポスト・トゥルースクレッシェンド・ポリコレパッショナートフィナーレ!@ロームシアター京都ノースホール(脚本・演出)

etc…

・映像

2021 ドキュメンタリー映画『つーか祈りのあと8%、ちょう指向性の銃』(監督)

2021 映画『光の輪郭と踊るダンス』(脚本・監督)
@MOOSIC LAB[JOINT]2020→2021 にて東京・大阪・名古屋・京都・広島などで公開。

2020 映画『2020 みんなの春をやり直す』(脚本・監督)
@シアターセブン,UPLINK 京都にて単独公開

2018 ドキュメンタリー映画『えっと、@創造主、ふわり終末ろん、feat.世界。』(監督)

2018 Music Video『ポートレイト/5kai』(監督)

・ファッション
2020-2021 Yusho Kobayashi 2020,2021 SS/AW Collection Show(演出)​